イブA錠の副作用

イブA錠は小粒なので錠剤を飲むのが苦手な人でも使いやすい鎮痛剤です。特に生理痛や頭痛によく効くという宣伝で知名度があり、女性から人気がある鎮痛薬として多くの人に使われています。

 

今回はイブA錠の成分と効果、そして副作用やいくら位で買えるのか参考価格を書いていきたいと思います。

 

<イブA錠の主成分について>

 

こちらではイブA錠の主成分について挙げてみます。

 

■イブプロフェン

 

イブA錠一番の主成分と言えばイブプロフェンです。痛み止めの効果をもたらす成分で、非ステロイド系解熱鎮痛剤となります。イブA錠が生理痛の痛みに効くのは、イブプロフェンが生理痛の痛みの原因であるプロスタグランジンという物質の生成を抑えてくれるからです。

 

イブプロフェンには解熱・消炎作用もあるのでこれも痛みへの相乗効果が期待できます。イブプロフェンのような非ステロイド系鎮痛剤には副作用として胃腸が荒れて胃部不快感や腹痛などが起きる・口内炎ができるといったものが見られますが、イブプロフェンは胃腸への負担が少ないので上記のような副作用が起こりにくいのも魅力です。

 

副作用が出にくい事から多くの市販薬でもイブプロフェンが使われており、生理痛・頭痛・風邪薬にも配合されている事が多いです。

 

解熱・鎮痛だけでなく筋肉の緊張をほぐす効果もあるため、肩や首のコリからくる頭痛などにも有効です。

 

■イブプロフェンは医療で活躍していた成分

 

イブプロフェンは医療用医薬品として使われ、活躍してきた成分です。長年多くの患者さんが使ってきましたが、その結果安全性が高いとして市販薬にも配合して良いという認可が下りた経緯があります。

 

現在でもイブプロフェン製剤はブルフェンなどの薬が医療現場を支えています。

 

■アリルイソプロピルアセチル尿素

 

アリルイソプロピルアセチル尿素の効果は主に鎮静成分です。生理痛や頭痛のせいで現れるイライラやだるさ、むくみなどを緩和してくれます。イブプロフェンの鎮痛作用と組み合わせる事で相乗効果が高くなります。

 

アリルイソプロピルアセチル尿素の副作用は眠気が生じる事です。イブA錠の副作用として眠気が現れるのはこの成分が配合されているからです。そのため、服用時は車の運転や機械操作といった注意力が必要な作業を避けるのが無難です。

 

もしも無理な場合はなるべく注意して行いましょう。副作用で眠気が現れるのを知っておけばある程度心の準備ができますので、知らずに服用するよりは良いかもしれません。

 

■無水カフェイン

 

イブA錠には無水カフェインも含まれています。これもイブプロフェンをサポートする成分で、鎮痛作用を高める効果があります。

 

また、無水カフェイン単独の効果としては生理痛や頭痛の際の疲労感や頭が重い感じを軽減させる作用や、血管の拡張を抑えるはたらきもあります。

 

<イブA錠の主な効果・効能とは?>

 

イブA錠の主な効果・効能には下記のようなものがあります。

 

●月経痛(生理痛)・頭痛・歯痛・咽喉痛・関節痛・筋肉痛・神経痛・腰痛・肩こり痛・抜歯後の疼痛・打撲痛・耳痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛・悪寒・発熱時の解熱

 

<イブA錠の用法と用量はよく守って使いましょう>

 

イブA錠は1回2錠・1日3回を限度として使い、空腹時を避けて多めの水もしくはぬるま湯で飲みます。多めの水やぬるま湯で飲む事で胃腸への副作用を更に和らげる事につながります。

 

イブA錠を使うのに適さない人たちも存在します。

 

・出産予定日12週以内
・15歳未満
・風邪薬や解熱剤でアレルギー反応やぜんそくが起きた事がある

 

上記に当てはまる人は重篤な副作用が出る可能性があるので服用しないようにしましょう。時には命に係わる副作用が起きる場合もありますので、決して軽く見ない事が大切です。また、妊娠・授乳中はどのタイミングであれ医師に相談した方が良く、自己流での服用はやめた方が良いでしょう。

 

<イブA錠の効果は何時間続く?>

 

イブA錠の効果が何時間続くのかは明らかにされていませんが、飲むタイミングや個人差などがあるのかもしれません。基本的に多くの人が感じているのが、痛みがしっかり出てから飲むよりも、痛みが出そうなタイミングで飲んだ方が効き目が良いと言う人が多いです。

 

また、イブA錠の効果が何時間続くのかも個人差があり、痛みが出そうな日の朝に飲んだら夜まで痛みが出なかったという人もいれば、一日三回飲まないと痛みがぶり返す人もいます。

 

イブA錠の効果が何時間続くのかに関して考察してみると、主成分・イブプロフェンの効果時間からある程度考察する事が出来ます。医療現場で使われているイブプロフェン製剤(イブプロフェン200mg)を服用した場合、血中濃度が一番高まる時間は2.1時間です。そして血中濃度からイブプロフェンが半減するまでにかかる時間は1.8時間となります。

 

イブA錠はイブプロフェン150mgなのでこの数字がどこまで参考にできるかは定かではありませんが、だいたい服用してから30〜1時間以内に効果が現れ始め、4〜8時間程度痛みどめの効果が持続すると考えられます。

 

<イブA錠の副作用の種類>

 

痛み止めとして効果と人気が高いイブA錠ですが、薬なので副作用が出る事があります。大抵はイブA錠の効果が切れたり飲まなくなったら改善していくと言われていますが、中には症状が続いたり悪化したりする事がありますので、その場合は直ちに服用を中止して医師に相談するようにしましょう。

 

イブA錠の副作用ですが、

 

眠気・めまい・胃部不快感や腹痛などの胃腸症状・皮膚にブツブツができる(発疹)・皮膚が赤くなる発赤・かゆみ・青あざ・息切れ

 

上記のようなものが挙げられます。

 

また、ごく稀に重篤な副作用を引き起こす可能性があり、その場合はただちに医療機関を受診する必要があります。

 

イブA錠の重篤な副作用として、

 

●アナフィラキシーショック(全身のかゆみ・じんましん・息苦しい・冷や汗など)

 

●スティーブンスジョンソン症候群(高熱・ただれ・激しいのどの痛み・激しい皮膚の痛み・ひどい発疹など)

 

●ぜんそく(呼吸をするたびにゼーゼー・ヒューヒューと鳴る)

 

このようなものが挙げられますが、もしもイブA錠を服用した際に体に何らかの不調を感じたら、早めに医療機関に行くようにしましょう。

 

イブA錠は短期的に痛み止めとして使用するのには向いていますが、長期間服用するのには向いていません。この場合の長期間とは毎日服用する事を長期間続けるなど高頻度での服用を指します。

 

もしも長期間服用している場合は内科などで定期的に血液検査など、健康診断をしてもらうと安心です。長期服用している事での体への影響のほか、中には重篤な病が潜んでいる可能性もあるからです。

 

<イブA錠の価格…いくらで買える?>

 

イブA錠のメーカー希望小売価格は現在下記のとおりです。

 

・24錠…750円(税込 810円)

 

・36錠…1,100円(税込1,188円)

 

・48錠…1,300円(税込1,404円)

 

・60錠…1,600円(税込 1,728円)

 

価格改定などで値段が変わる可能性はありますが、大抵この近辺と考えられますので参考にしてみてください。また、ネットで購入するかリアル店舗で購入するかでも若干の価格差が生じる可能性があります。

 

ちなみにイブA錠もセルフメディケーション税制対象商品です。